わきがの臭いが強くなる季節と原因

夏より冬の方がニオイが強い

夏の方が暑いからたくさん汗をかくし、ニオイも強くなりそうなイメージがありますが、実は冬の方がわきがのニオイは強くなるのです。
寒い季節は汗をあまりかかないはずなのに、わきがのニオイを強く感じて驚く人もいるでしょう。
中には慌ててデオドラント商品を買いに行く人もいるかもしれません。
では、一体どんな原因で冬にニオイが強くなるのか見ていきましょう。

冬は汗腺の働きが鈍くなる

夏は汗腺がよく働いているため水分を含んだ汗がでます。
そのミネラルは体内に再吸収されるのでサラサラしていて乾きやすく、雑菌の栄養になりにくいのです。
一方、冬は汗腺の働き低下し、ミネラルの再吸収もうまく機能しないことでベタベタした汗になります。
このベタベタした汗は乾きづらく、雑菌を繁殖させる原因になるのため、わきがの発生を高めてしまうのです。

冬は夏に比べると代謝が良くなる

意外かもしれませんが、夏より冬の方が代謝が良くなっているため、少し体を動かすだけで汗をかきやすい状態にあります。
これは寒い冬に体温を保つために備わった恒温動物の性質で、人間も同じく基礎代謝熱を発しているのです。
また、汗をかきやすくなる理由のひとつとして、室内と室外の気温差があります。
暖かい室内でも厚着のままでいると、知らぬ間に汗をかいていた、ということもあるのです。

冬は汗がこもりやすい

冬場は温かいコートやニットなど重ね着をしており、保温性が上がる代わりに通気性を無くしています。
これにより、少し走ったりしてわきに汗をかいてもすぐには乾かず、こもった汗を栄養に雑菌が繁殖しニオイが発生してしまうという仕組みが出来上がります。
また、冬は洗濯物が乾かないという理由から、毎回洗濯しない人もいるでしょう。
洗濯をしなければ、汗やニオイ、雑菌が衣服についたままになりニオイを発する原因になります。

冬はわきの処理をしない

薄着になる夏場はわきの手入れに気を遣うものですが、肌の露出が少なくなる冬場はわき毛の処理をしない人も多くいるでしょう。
しかし、わき毛を放置していると汗をかいたときに蒸れやすく、わきがのニオイを発生させる雑菌が繁殖しやすい環境を意図せず作っているのです。
冬は制汗ケアを怠ってしまいがちですが、清潔を保つためにも汗拭きシートなどでしっかりケアをするようにしましょう。

食生活の乱れでニオイが強くなる

冬場は辛い物を食べるなど食生活の乱れが多くなりやすい季節であり、基礎代謝が高まっているところに暴飲暴食が重なると、体は食べ過ぎたものを体外に出そうとするので、不純物を含んだ汗が出てニオイが強くなってしまいます。
また、肉やバター、牛乳など動物性の脂もたくさん食べ過ぎるとニオイの原因になってしまうので、注意が必要です。

自由診療のわきが治療の相場はどのくらい

レーザー治療の費用の相場

わきが治療の中でよく知られているレーザー治療の費用の相場は、平均で20万円から25万円になります。
しっかりわきが治療に使えるお金がある人におすすめの治療法です。
これは両脇1回の費用になります。
レーザー治療は汗腺に直接レーザーを照射するものです。
切開しないわきが治療を求めている人はとても多いです。
そのような患者が多く利用しているのがレーザー治療になります。
わきがの症状によっては、確実に汗腺を燃焼させることで効果を実感することができるのがレーザー治療の特徴です。

ボツリヌストキシン注射

わきがの自由診療の中でも、最も手軽に治療ができるのがボツリヌストキシン注射で治療をする方法です。
予算が限られている人におすすめの治療法です。
この治療の料金の相場は1回で10万円から15万円になります。
これはわきがだけでなく多汗症で悩んでいる人も受けることが多い施術です。
臭いだけでなく汗の症状も改善することができます。
手術をするわけではないので、日帰りで治療を受けることができますし、自分の空いている時間を有効に使ってクリニックにて短時間で治療をすることができます。

その他の治療法の費用の相場

自由診療で受けることができるわきが治療はレーザーや注射以外にもあります。
切らないわきが治療として知られているミラドライの平均的な費用は30万円から35万円になります。
クワドラカット法は平均で40万円から45万円になります。
これらの治療は最新の技術と医療機器を使って本格的に施術をします。
そのためレーザー治療やボツリヌストキシン注射よりも費用が高くなります。
しかし術後の効果は絶大だからこそ、一括で支払うことができない人は、分割で支払ってまでも、ミラドライやクワドラカット法で治療を受ける人がいます。

自由診療の費用の相場はいくらかを理解すること

わきがの治療は自由診療と保険が適用される診療の2種類があります。
保険が適用される治療法は限られています。
ここで紹介した治療法だけでもたくさん種類があります。
自分の症状に合わせて選択できるのは自由診療のほうが多いです。
そのために費用も幅広く設定されています。
まずは自分がやってみたい治療法を選んで費用を考えるのか、自分の予算の範囲内で治療法を選択するのかを考えてください。
そうすることで経済的な負担を最小限に抑えて、自分が今まで悩み続けてきたわきがの症状を改善するための治療を受けることができます。

ワキガは何歳くらいから症状が起こる?

子供のわきがはいつから起こるのか

わきの臭いは大人の悩みと思っている人もいるかもしれませんが、実は子供のわきがというのもあります。どのくらいの年代から悩む子供がいるかというと、小学校高学年から中学校に上がるくらいの年代から、わきが特有の臭いが気になる子供が増えてきます。子供のが臭いに気付くのではなくて、親が臭いに気付くことが多いです。基本的に体臭は自分では気付かないものです。もし自分の子供がわきがかもしれないと思ったら、親が理解をしてあげて、早急にわきがの治療をしてあげることをおすすめします。

いじめの原因にもなる

子供のわきがの症状が起こり始める小学校高学年から中学校の年代は、ちょっとしたことでいじめの原因になってしまいます。特に「臭い」というキーワードに敏感なのもこの年代の特徴です。その状況がずっと続いてしまうといじめのターゲットになってしまう可能性があります。そうなる前に早期解決、早期治療をしてあげることをおすすめします。自分の子供がいじめに巻き込まれないためにも、わきがの症状を親が真剣に受け止めてあげることが必要です。そして親子一緒に悩みを解決してあげるようにしてください。

親から遺伝をする

わきがは遺伝すると言われています。親にわきが症状がある場合、子供に遺伝することがあります。その症状が出てくるのが小学校高学年から中学校に上がる時期です。最近では小学校低学年でも症状が出てしまう事例もあります。また性別によっても特徴が異なり、女の子は初めての生理を迎えるあたりから、わきがに悩まされる子供が多いです。特に親がわきがの場合は遺伝している可能性があるということを理解する必要があります。そして臭いがすると判断したらすぐに治療をしましょう。子供でも治療してくれるクリニックはたくさんあります。まずは近所に対応をしてくれるところがあるかを調べてください。

子供に優しい治療法がある

小さい子供に切開手術をさせるのは身体への負担があると躊躇する親も多いです。これまでは本格的な手術となると広範囲を切開して汗腺を除去していました。しかし現在は最新の技術でわきがの治療を子供でも受けることができます。この治療法で数ミリの切開で臭いの原因となってる汗腺をしっかり除去します。数ミリ切開するだけなので傷跡も目立ちません。わきがを放置しておくと大人になってもずっと悩んでしまいます。だからこそ臭いが気になるようであれば、子供のときにしっかり治療をしてあげるようにしてください。

クワドラカット法のメリット・デメリット

傷跡が小さく目立たない

クワドラカット法は切開する箇所を最小限に抑えるために、術後も数ミリ程度の傷跡しか残らないので、切開した跡が他の手術の治療法よりも目立ちません。わきがの手術には皮べん法が知られていますが、切開する箇所が大きく術後も傷跡が残ってしまうこともありました。クワドラカット法は身体への負担も最小限に抑えることができるので、大人だけでなく子供のわきがの治療法にも適しているとして注目されています。様々なわきが治療がある中で、クワドラカット法は最新の治療法でとても安全だと言われています。そして再発しないというのも大きなメリットです。

治療の効率が良い

クワドラカット法は皮べん法と比べると手術をするときに効率良くアポクリン汗腺を除去することができるメリットがあります。わきの下を数ミリ切開し、管を挿入し汗腺を切除するので、身体への負担を減らすこともできます。従来のわきがの手術を伴う治療法と比べると、管の移動するだけでアポクリン汗腺をしっかり除去することができる特徴が大きいです。そのため脇の下の広範囲で手術をすることが可能です。クワドラカット法で効率よく汗腺を切除することができるので、手術をする時間を短縮することができます。

費用が高い

効率良く身体への負担を減らし手術を受けることができるクワドラカット法の唯一の欠点が、治療費が高いということです。治療ができるクリニックによって料金は異なりますが、自由診療になるために、全額自己負担になります。数十万円の治療費を請求されます。一括で支払うのも簡単な金額ではありません。通院することも考えて、どのクリニックが費用をできる限り安く抑えることができるかを確認してください。クリニックの公式サイトなどに料金が記載されています。それらを見てクワドラカット法の費用を比較してみることをおすすめします。

通院しなければいけない煩わしさ

従来の手術よりもメリットが多いクワドラカット法ですが、治療が完了したらそれで終わりではありません。基本的には自宅にて自分自身で消毒をしなければいけませんし、術後の症状の経過が良好か確認するために何度か病院に通わなければいけません。特に仕事が忙しくてなかなか通院できないという人にとってデメリットだと感じるかもしれません。そのために自分の時間を確保することを考えておかなければいけません。そして確実に通院できる日を確保して、病院に予約を入れるようにしてください。

ミラドライ方のメリット・デメリット

ミラドライ法のメリット

ミラドライ法はわきの下を切開することなく、専用の治療をするための専用の治療器具になります。
多くの人が手術をすることに抵抗を感じています。
入院しなければいけないし、術後も出血しないために1週間ガーゼで圧迫をして安静にしていなければいけません。
この煩わしさがないのがミラドライ法の最大のメリットになります。
身体への負担を最小限に抑えることができます。
そして術後は早期に普通の生活に戻ることができるのも、ミラドライ法のメリットだと感じている人が多いです。
このメリットがあるので、多くの人が治療をする際に導入しています。

施術後のメリット

ミラドライ法は切開しない治療法なので、術後も早期に社会復帰できて、当たり前のように生活をすることができます。
マイクロ波のエネルギーを使って汗腺をピンポイントで破壊することができます。
わきがの治療は手術療法と非手術療法があります。
ミラドライ法は手術をしませんし、術後も汗腺が再生しないので、施術後も長期間高い効果を実感することができるメリットがあります。
もう二度とわきがの嫌な臭いに悩まされたくないと思っている人にとって、ミラドライ法は他のレーザー治療や注射よりも術後の高い効果を自分自身で体感することができます。

ミラドライ法のデメリット

手術なしで効果を実感することができるミラドライ法のメリットは、保険適用外の治療法だということです。
わきがの治療では本格的に切開をして手術をする保険が適用される治療法もあります。
しかし多くの人が切開することに抵抗があり、手軽に短期間で症状が改善できるミラドライ法を受けたいと思うのは当然のことです。
しかし高額の治療費になってしまうことにデメリットを感じている人が多いです。
しかし治療費に余裕があれば、無理に手術をせずにミラドライ法を受けることで身体への負担も軽減させることができます。

重度の症状は改善できない

わきがは症状がひどいとミラドライ法では改善することが難しいです。
他人にも迷惑をかけてしまうような強い臭いで悩んでいる場合は、皮べん法の手術で本格的にわきの下を切開して治療したほうが改善する可能性が高まります。
多汗症や臭いがきつい人はミラドライ法をおすすめされない可能性があります。
自分の症状を理解することで、違う治療法の選択をしなければいけない可能性があります。
症状によっては手術を伴う皮べん法でしっかりと汗腺を切除する治療を選択することをおすすめします。

健康保険を使ってわきがを治す方法はある?

健康保険を使ってわきが治療

わきが治療に関して調べている方の中には、「わきが治療は基本的に自由診療となる」と聞いたことがある方も多いかもしれません。実際、わきがは認定基準が曖昧なため、これと言って病気とはっきり認定することができないものとなっています。実際にはわきがの方は非常に強いコンプレックスに陥っていることも多く、そこから対人恐怖症やコミュニケーション障害になってしまう人もいます。また、誹謗中傷を受けて心の病になってしまうこともあるのです。しかし、まだまだ世間ではわきがというものに対して理解が及んでおらず、病気として認識されてることも少ないです。そのため、わきがに関しては原則としては自由診療となります。ただ、だからと言ってまったく方法がないのかと言えばそうではありません。実際に健康保険を使って治療できるわきがの治療方法もあるのです。

“健康保険を使ってわきがを治す方法はある?” の続きを読む

安くわきが治療をする方法はある?

保険適用・自由診療を確認

わきが治療を考えているのなら、まずは保険適用となる治療方法と自由診療となる治療方法について確認することが必要です。一般的におこなわれている皮べん法は、保険適用となることが多く、治療費も抑えることができます。日本では保険適用となる場合、患者の医療費負担は3割程度となります。わきがは基本的に病気として認定されていないため、基本的には自由診療となることが多いです。ただ、人によっては周囲から傷付けられることも多く、それが結果的に自分を追い込んでしまっている方も多いです。そうなると、病気として認定しないと今後患者の方がさらに追い込まれてしまうことになるでしょう。それらの対策として、皮べん法などの保険適用が可能な治療方法も提供されるようになってきています。ただ、よりクオリティを求める場合は自由診療での治療も可能です。ミラドライ法やクワドラカット法、超音波法などは自由診療となります。それらを確認してから治療を受ければ、費用に関しても考えやすいです

“安くわきが治療をする方法はある?” の続きを読む

わきが治療にかかる平均費用はどのくらい?

わきが治療の平均費用

わきが治療に必要となる平均費用は、数万円~数十万円となっています。保険適用で治療するのか、自由診療で治療するのかによって費用は変わってくるのです。そのため、どのような治療方法が保険適用となり、どのような治療方法が自由診療になるのかというのは事前に理解しておくことが重要です。また、クリニックや病院によって対応している治療方法もあれば、対応していない治療方法もあります。医師によってもまた然りです。そのため、平均費用を考える前に、どのような治療方法があるのかを知っておくことが重要です。基本的には両脇で数万円で済むこともありますが、よりこだわった自由診療にするのなら、両脇を含め数十万円になることもあります。場合によっては50万円や70万円ほどかかる自由診療もあります。それらも考慮して考えておくと良いでしょう。

“わきが治療にかかる平均費用はどのくらい?” の続きを読む

わきがを治すためにどんな手術をしている?

わきがを治すための手術・施術

わきがの原因となっているのは、主に汗腺の1つであるアポクリン腺が大きく関係していると考えられています。アポクリン腺から体液が分泌され、それが皮膚と反応するとわきが特有の匂いを発すると考えられているのです。そのため、アポクリン腺を除去すれば、あの嫌な匂いを出す原因そのものに対処が可能となります。そのため、わきが治療では手術や施術によって、それらアポクリン腺にアプローチしていくという方法がメジャーです。ただ、手術方法には保険適用のものと自由診療のものがあり、それぞれの方法によって仕上がりのクオリティも変わってきます。そこも考えてどんな手術・施術があるのかを考えていくことが必要となるでしょう。もちろん、病院やクリニックによって導入している治療方法も異なります。その他、医師によっても対応できる方法が異なってくるので注意が必要となるでしょう。

“わきがを治すためにどんな手術をしている?” の続きを読む

自由治療で治療できる方法

ミラドライ法

ミラドライ法は、わきが治療の中でも自由診療で治療できる方法として知られています。自由診療でより綺麗にわきがを治療したいという方から人気を集めている方法です。わきが治療は皮べん法などの保険適用が可能な治療方法もあります。しかし、より質の高い治療を受けたいという場合は、ミラドライ法などがおすすめです。ミラドライ法は特殊な機材を使った方法となり、マイクロウェーブと呼ばれる電磁波でアポクリン腺の働きを良くする効果があります。わきがの原因の中でも大きく影響しているアポクリン腺を抑止できるという点では、かなり効果も高いです。治療費は自己負担となるので高くなりがちですが、一生の悩みにもなるわきがをより綺麗に治療できるなら、治療する価値は十分にあると言えるかもしれません。近年は対応している病院・クリニックも多くなっていて、手術・施術を受ける方も多くなっています。

“自由治療で治療できる方法” の続きを読む