わきがが再発するって本当?

手術すれば再発の可能性は低い

ワキガの再発は結論から言ってしまうと、しっかり治療が行われればまず考えにくいです。
例えば外科的手術ではワキガの原因のアポクリン腺を取り除きます。
アポクリン腺はひとたび除去すると再生することはないです。
ですから再発する可能性は低いわけです。
またミラドライなど、メスを使わない治療法も出てきています。
マイクロ波などを照射することでアポクリン腺を破壊する手法です。
こちらもしっかり治療できれば、破壊されたアポクリン腺が復活することはないので再発は考えにくいです。

治療が不十分だと再発の可能性も

しかし中にはワキガが再発してしまって、再治療を強いられる人も一部います。
これは前回の治療が不十分だったことによって起こります。
例えば手術ではわきの下の皮膚をはがして、目視でアポクリン腺を切除します。
ところが手術で十分にアポクリン腺を除去しきれないと、治療後にわきの下のにおいがまた気になることも起こりえます。
ミラドライなどのメスを使わない治療でも照射が不十分だと、アポクリン腺を破壊しきれずに再発する場合もあります。
これらはいずれも、担当医に十分な施術経験のないことが原因と考えられます。
値段だけでなく、担当医の経験も十分確認したうえで安心して任せられる医療機関を見つけることです。

自臭症の可能性も

ワキガが再発したと訴える患者さんの中には、実際にはわきの下の臭いがない、もしくは気にならないレベルであることも珍しくありません。
これはメンタル的な要因によるものです。
自臭症といって、周りが気にならない程度の体臭なのに「自分は臭い」と思い込むことで、きつい体臭を放っていると感じる症状です。
自臭症の場合、いくらワキガ治療をしても当人の懸念は解消されません。
もしクリニックで診察を受けてもワキガではないと診断されたのであれば、自臭症の可能性が高いです。
これはメンタル面での治療を検討したほうがいいでしょう。

まずは問い合わせてみよう

ワキガ治療を受けた後で、再発したと感じたようであれば、まずは受診したクリニックのカウンセリングを受けてみましょう。
そこで専門家と詳しく話をして、自分はワキガ再発しているのか、ただの思い込みか説明してもらいましょう。
もし説明を聞いても納得いかなければ、セカンドオピニオンも検討してみるといいです。
別のクリニックを受診してみて、ワキガの症状が完治していないのか、再治療が必要かなどアドバイスをもらいましょう。

安くできるわきが治療法はどれ?

保険診療を利用する

ワキガ治療に興味があるけれども、高額なコースは難しいという方もいるでしょう。
ワキガ治療は保険診療の対象になる可能性があります。
保険が利用できれば、3割負担で治療をお願いできるのでかなり安くなります。
保険診療の場合、剪除法による治療になるでしょう。
わきの下を切開して、臭いの原因であるアポクリン腺を除去する方法です。
確実に原因を除去できるので、治癒する可能性は高いです。
しかし傷跡が3~4㎝くらい必要なので目立つ可能性があります。
色素沈着やツッパリ感が出てくるかもしれません。
またメスを使う手術である以上、どうしてもリスクが伴います。

簡単な治療は安くなる傾向に

剪除法以外の方法でワキガを治すとなると、自由診療になる可能性が高いです。
全額自己負担となってしまうので、費用もそれなりにかかってしまいます。
しかしメスを使わない治療など、患者の体に極力負担をかけないものも少なくありません。
剪除法の場合、しばらく患部を固定する必要があります。
医療機関によっては入院を求められる場合もあるでしょう。
一方メスを使わない治療であれば、すぐに帰宅してほぼ元通りの生活が送れます。

いろいろな治療法があります。
その中でも簡単に手早く行える治療法は金額も安くなる傾向が見られます。
例えば注射による治療は安いです。
製剤をわきの下に注入することで、アポクリン腺の働きを抑制します。
アポクリン腺から出会う汗が臭いの元なので、発汗しにくくすれば臭いにくくなるわけです。
注射するだけなので、時間もかかりません。
5分くらいで完了します。
腫れも出血もないので、仕事などにも支障はありません。
症状の程度にもよりますが、安ければ4万円弱で施術を受けられます。

治療額の内訳について確認すること

一見すると低価格でワキガ治療を行っているけれども、後々聞いたらいろいろな名目で追加料金がかかって高額になってしまったというパターンもしばしば聞かれます。
例えば初診料や診察料が別途かかることもあるでしょう。
またワキガ治療を行った後で、方法によっては痛みがしばらく続くこともあり得ます。
そこで痛み止めの薬を処方してもらったところ、別途薬代を請求される場合もあります。
また手術など麻酔を使用する場合もあります。
この麻酔治療は本体価格とは別で追加されるクリニックもあります。
ワキガの治療費について別途料金がかかるか、事前に確認を取っておきましょう。

わきが治療の入院費はいくら?

わきが治療で入院は必要か?

クリニックのホームページを見てみると、わきが治療は日帰りで行えるものが多いです。
最近ではメスを使わずに注射器や超音波の器具を使った治療法も出てきています。
1時間もかからずに治療が完了して、治療日の翌日にはほぼ元通りの生活に戻れます。
ですから多くの事例でわきが治療で入院の必要はないと思ってください。
しかし一部手術をしたときに入院が必要になる可能性もあります。

2~3日間の入院が必要になる可能性も

わきが治療には、手術で臭いの原因となっているアポクリン腺の除去をする方法が採用される場合もあります。
もし手術をした場合、術後に血腫が生じる可能性があります。
血腫とは皮膚の下に血液が溜まることによって起こります。
血腫が発生すると、痛みを伴います。
ひどくなると血流障害などが起き、最悪皮膚の細胞が壊死することもあり得ます。
もし血腫が発生したら、速やかに除去する必要があります。
血腫は術後48時間以内に発生することが多いです。
ですから術後念のために数日間入院するように勧められる場合があります。

a入院した場合の費用について

もしわきがの手術を受けて入院することになった場合、どの程度の費用が掛かるか不安な人もいるでしょう。
わきがは保険診療で治療することが可能です。
ということは、治療費の3割負担で手術を受けられるわけです。
わきがの手術や入院時の食事代、薬の費用などひっくるめて3割負担の場合、患者が負担する費用は9万円程度と考えられます。
退院すればそれでおしまいというわけではありません。
しばらく通院してもらって、患部に異変が起きていないか経過観察することになるでしょう。
この費用として、数万円が別途でかかります。
しかしわきが治療にあたって、入院したとしても10万円台で済む可能性は高いです。

保険が適用されない場合も
わきがの保険診療ですが、すべての医療機関で適用されるわけではありません。
わきが治療はいわゆる美容外科のクリニックでも行っています。
美容外科の場合、保険診療の適応になっていないところが多いです。
となると治療費全額自己負担という形になります。
もし入院したとなると、かなりの高額費用になってしまう恐れがあります。
自由診療の料金はクリニックで自由に設定できます。
片側の治療だけでも30万円近くかかってしまう可能性があります。
両わきの手術をするとなると少なくても50万円程度、高いところだと100万円くらいかかってしまうかもしれないので注意が必要です。

こんな人はわきが治療を受けた方がいい

家族にわきがの人がいれば要注意

自分がわきがなのかどうかよくわからないという人もいるでしょう。
もしわきがが気になるようであれば、家族にわきがの人がいないかどうか確かめましょう。
もしわきがの人がいれば、自分もわきがになりやすいと思ったほうがいいです。
わきがは優性遺伝といわれているからです。
片方の親だけでもわきがなら、50%程度の確率で遺伝します。
両親ともわきがの場合、ほぼ自分もわきがになると思うべきです。
両親はそうでなくても祖父母からの隔世遺伝の可能性があるので注意しましょう。

衣服のわきの部分をチェック

着用した衣服のわきの部分をチェックしてみてください。
もし黄ばんでいるようであれば、わきがになっている可能性が高いので治療がおすすめです。
黄ばみはアポクリン腺から出ているたんぱく質や脂質などの成分だからです。
特に白い服を着ると目立つので、脱いだ時にチェックしてみるといいです。
またわきの下に白い粉がついている方も治療を受けたほうがいいかもしれません。
これもアポクリン腺から出た分泌物が結晶化している可能性が高いからです。
わきがを発症している可能性が高いので、気になる人は一度医療機関を受診してみるといいです。

ガーゼテストをしてみよう

自分のわきがの程度を知る方法として、ガーゼテストがあります。
やり方は簡単で、ガーゼをわきの下で挟んで数分間汗ばむくらいの軽い運動をします。
この時ガーゼが臭うかどうか確かめます。
もし鼻を近づけなくても、手に持った段階で臭いが気になるようであれば、中度から重度のわきがになっている可能性が高いです。
この場合、速やかに医療機関を受診するのがおすすめです。

多汗症との関係について

汗っかきの方で手足に大量の汗をかく人は注意が必要です。
特に手から滴るほどに汗をかく、しばらく外出していると靴下がかなり濡れている人は多汗症にかかっている可能性が高いです。
実は多汗症とわきがには密接な関連性があると言われています。
つまり多汗症に心当たりのある人は、わきがを発症している可能性が高いです。
運転しているときにハンドルが滑るくらいに汗をかくような状態であれば、一度医療機関を受診してみるといいでしょう。

臭いの気になる人も受診を

中には自分の体臭が気になって仕方のない人も一度受診してみるといいでしょう。
自分の体臭で周囲に迷惑をかけていないか、人と距離をとってしまう人も注意が必要です。
自臭症といって、「自分が臭い」という思い込みの可能性もあります。
これも医療機関で受診すれば、本当に臭っているか確認できるので専門家に相談してみることです。

最短でできるわきが治療法はどれ?

注射による治療がおすすめ

わきが治療を受けるにあたって、できるだけ時間をかけずに治したいと思っている人もいるでしょう。
その場合におすすめなのが、注射による治療です。
注射であれば、両わきで10分くらいで完了します。
わきがでわきの下の臭いが気になるのは、アポクリン腺から分泌される汗が原因です。
発汗を抑制する効果のある製剤を注入することで、臭いを気にならなくする手法です。
ただしわきがの原因であるアポクリン腺はそのまま残されるので、いずれまた臭ってくるようになります。
効果の持続期間は個人差がありますが、4~6か月が相場です。
つまりこのサイクルで繰り返し注射を打たなければなりません。

超音波治療なら半永久的な効果も

もし短時間で治療を終わらせたいけれども、頻繁にクリニックに通院したくなければ、超音波を使った治療を検討しましょう。
患部に超音波を当てることで、アポクリン腺を破壊する治療法です。
わきがの大元のアポクリン腺を破壊するので、臭いも気になりません。
またアポクリン腺は1回破壊すると再生することはありません。
つまり半永久的にその効果が持続します。
このような超音波を使った治療もメスを使うわけではないので、短時間で施術は完了します。
だいたい両わき20分もあれば、治療は完了するでしょう。
中にはもう1回治療を受けないといけない場合もありますが、多くの人は1回の施術だけでも効果を実感できます。

すぐに復帰できる

超音波を使った治療の場合、メスを一切使用しません。
ですからいわゆるダウンタイムがほとんど必要ないのもおすすめポイントです。
施術翌日には、ほとんどいつもの日常生活に復帰できます。
シャワーを浴びることも翌日には可能です。
もちろん入院の必要もありません。
仕事終わりに施術を受けても、翌日欠勤することなく仕事ができます。
ただし回復度合いには個人差があります。
中には3日くらい元に戻るまでに時間がかかる人もいます。

手術は時間がかかるもの?

わきが治療には手術もあります。
アポクリン腺を除去しますので、こちらも半永久的に効果が持続します。
手術をした場合、上で紹介した短時間で完了するアプローチよりも多少時間はかかります。
しかし長くても1時間程度です。
早ければ20分くらいで手術が完了するケースもあります。
しかし元の生活に復帰するまでに時間がかかります。
患部への圧迫固定を1週間程度行わないといけないと思ってください。

持ち合わせが少ない…そんな時でもわきが治療できる?

わきが治療には多額のお金がかかる

わきが治療を専門のクリニックで行った場合、それなりのまとまったお金がかかります。
自由診療のため、治療費全額を自己負担しなければならないからです。
わきが治療は保険診療にも対応していますが、保険診療の場合わきがを治すことに重きの置かれる傾向が見られます。
すると仕上がりが重視されず、わきの下に傷跡が目立つ恐れもあります。
仕上がり重視であれば、自由診療での治療がおすすめです。
しかし若い人を中心に20万円とか30万円の治療費を一括でねん出するのは難しいでしょう。
しかしわきが治療クリニックの中には、ローンやクレジット対応しているところもあります。

クレジットカードの分割支払いはおすすめ

もしクレジットカードを持っているのであれば、クレジット決済できるクリニックが近くにないか確認してみるといいでしょう。
クレジット決済できれば、分割払いができるので月々の支払額を少なくできます。
しかも現在発行されているクレジットカードは使用すると、キャッシュバックポイントのたまるものが多いです。
わきが治療のようなまとまった料金支払いにクレジットカードを使用すると、かなりのポイントを一気に稼げるかもしれません。
分割払いを選択する際には、金利手数料がいくらか考えて、できる範囲で極力支払回数を少なくした方がお得です。

医療ローンを用意しているクリニックも

クレジットカードを持っていない、持ち合わせも十分でない人でもわきが治療を今すぐ受ける方法はあります。
というのもクリニックの中には、医療ローンを組めるところも少なくないからです。
月々何回かに分割して、金銭的負担を分散させられます。
5年や6年のような長期の返済期間に対応している医療ローンもあります。
医療ローンは広く利用できるような商品もあって、学生や専業主婦の方でも条件次第ではローンを組めるような商品も見られます。

医療ローン申し込みの注意点

ほかのローン同様、医療ローンも誰もが利用できるものではありません。
申し込んで審査が実施され、審査通過できた人が医療ローンを組めます。
基本的に安定した収入があり、過去にローン返済で何かトラブルを起こしたことがなければ審査通過できる可能性は高いです。
ただし審査を受けるにあたって、いくつか必要書類があります。
医療ローンによって若干異なりますが、身分証明書や自分が持っている口座の通帳や届け出の印鑑などです。
このようなところもクリニックのスタッフから案内がありますので、説明をきちんと聞きましょう。

親がわきが治療して治っても子供はわきがになる?

自分がわきが治療しても…

わきがは専門のクリニックで適切な治療を行えば、臭いが気にならないレベルまでもっていくことは可能です。
しかし自分の問題が解決しても、自分の子供のわきがリスクは残ります。
というのもわきがは遺伝すると考えられているからです。
わきがの遺伝に関する研究はかなり進んでいて、わきがの発症に関係している遺伝子も解明している状況です。
日本人はわきがで強いにおいを発する人は少ないです。
ところが欧米人は深刻なわきがに悩んでいる人は少なくありません。
このような人種間の違いも遺伝子が関係していると考えられています。
ABCC11遺伝子という16番目の染色体がわきがに関係しているといわれています。

自分がわきがだと子供もそうなる確率は?

自分がわきがの場合、子供のどのくらいの確率で遺伝するか心配でしょう。
結論から言うと遺伝する可能性はかなり高いと思ったほうがいいです。
片親がわきがなだけでも、子供に遺伝する確率は70%といわれています。
さらに両親ともにわきがの場合、子供がわきがになる確率は90%以上と考えられています。
両親がわきがであれば、ほぼ確実に子供もそうなると思ったほうがいいです。

子供がわきがになる時期とは?

もし自分がわきがな場合、子供のわきがになるかもしれないと考えておきましょう。
臭いが目立つようになるのは、第二次成長期といわれています。
第二次成長期は子供の体がどんどん成長します。
わきがの臭いの原因である汗腺の一種のアポクリン腺がこの時期、ちょうど一気に増加します。
このため、わきの下の臭いを気にする子供が増えてきます。
平均発症年齢に関するデータを出しているところもあって、男性18歳・女性16歳前後に発症リスクが高まります。
また夏場に発症するパターンが多いです。
やはり暑い夏場に汗を大量にかき、臭いが目立つようになるからです。

第二次成長期になるまで待つ

もしかすると第二次成長期が来る前に親がわきがだと子供も発症する可能性があります。
深刻に悩まないように、早めに手術などの治療を受けさせたいという親心もわかります。
しかしわきがの原因の臭いを発するアポクリン腺が大量に発達するのは第二次成長期以降です。
第二次成長期にその時点でできているアポクリン腺を手術で切除しても、また成長期にアポクリン腺が増加して再発する危険性があります。
何度も手術して傷跡が目立つくらいなら、成長が収まって以降に一発で治療したほうがいいでしょう。

わきが治療は痛い方が効果があるって本当…?

わきが治療に痛みは不可欠?

わきが治療を受けるにあたって痛みがないか不安という人もいるでしょう。
しかしわきが治療と痛みについて、最近では相関関係がかなりなくなりつつあるといわれています。
わきが治療の中でも高い効果が期待できるのは手術です。
わきがの原因のアポクリン腺を切除するので、抜本的な治療が可能です。
しかし手術は痛そうというイメージを持つ人もいるでしょう。
ただ手術をする前には麻酔をかけるので痛みを感じることはまずないです。
麻酔注射するときにチクッとした痛みはあるかもしれません。
しかし我慢できない痛みではないです。
このようにわきが専門のクリニックでは患者さんが痛みを極力感じない治療を標榜しています。

切らなくても高い効果のあるわきが治療

わきが治療は今でもどんどん進化しています。
現在では、メスを入れることなく高く効果の期待できる治療法や医療機器も登場しています。
例えば針をわきの下に注入して、アポクリン汗腺を熱の力で破壊するような機械も登場しているほどです。
針をわきの下に注入するといわれると、いかにも痛そうというイメージがあるでしょう。
しかし極細の針を使っているので、強い痛みは伴いません。
また痛みに敏感な患者さんのために麻酔を使った施術にも対応しています。
ですからほとんど痛みを感じることなく施術が受けられたという口コミ意見もしばしば見られます。

超音波を使った治療がおすすめ

わきが治療の中でも極力痛みが少なく高い効果の期待できる方法がいいと思っているのであれば、超音波を使った治療を検討してみるといいでしょう。
高密度の超音波を発する機会を使って、アポクリン腺を破壊して治療する手法です。
この方法の場合、痛みはほぼ感じずに済むでしょう。
痛みがあったとしても我慢できないレベルではまずないはずです。
高い効果の期待できる治療法で、1~2回の施術でわきの下の臭いが気にならないレベルまでもっていくことも可能です。
照射した箇所の皮膚が赤みがかることもありますが、大体1~3日も経過すれば気にならないレベルにまで回復するでしょう。

全身麻酔で対処する場合も

痛みへの感覚は個人差があります。
痛みに対して過敏な人も中にはいるでしょう。
その場合、麻酔の注射だけでも痛くて嫌という人もいるかもしれません。
そのような人のために笑気ガスや外用の麻酔で痛みを鈍麻させてから注射する方法が用意されています。
どの方法でもダメであれば、全身麻酔で眠らせて手術を行う方法もあるので医者に相談してみるといいでしょう。

わきが治療のカウンセリングにお金はかかる?

ほとんどの場合はカウンセリング無料

わきが治療にはどのような方法があるのか、自分に合った治療方法はどれかなど、不安や疑問に思うことがたくさんあるでしょう。
そのため、治療を行うクリニックのほとんどではカウンセリングが受けられるようになっています。
そこで気になるのが、カウンセリングに費用が発生するか否かですが、クリニックの多くではカウンセリングを無料としています。
その場で治療を決定しなくても、無料で治療に関する話を聞くだけということも可能です。
治療の意思がある人だけではなく、とりあえずわきが治療について知りたい、どんな治療方法があるのか知ったうえで検討したいといった場合にも、一度相談してみるといいでしょう。

一部ではカウンセリング費用が発生

ただし、クリニックの一部ではカウンセリング費用が発生するところもあります。
とはいえ、無料のところとカウンセリング内容が大きく変わるわけではなく、あくまでそのクリニックの方針によるものです。
ちなみに、有料カウンセリングの費用はおよそ1,000円程度が相場です。
しかし、無料のクリニックではカウンセリングを受付スタッフが行い、医師は関与しないこともあるため注意が必要です。
医師がカウンセリングを行わない場合、症状に合わせた適切なアドバイスが受けられないのです。
カウンセリングを医師が行うか否かは、前もって確認することをおすすめします。

費用の有無は事前に確認を

わきが治療のカウンセリング費用がかかるかどうかは、クリニックのホームページを確認するか直接問い合わせるかして把握しておくことが大切です。
有料の場合の出費は1,000円程度としても、無料と思って行ってみたらお金が必要だったとなれば、残念な気持ちが残るでしょう。
対応が丁寧なクリニックでは、ホームページにカウンセリング無料と記してあったり、料金表にカウンセリング費用を掲載していたりといった配慮を行っています。

無料カウンセリングで勧誘がしつこい場合は注意

悪質なクリニックでは、無料カウンセリングとうたって多くの患者を集め、強引に勧誘して治療をさせるところも存在します。
実際にカウンセリングを受ける前にこのようなクリニックを見分けるのは難しいですが、事前に口コミなどを確認しておくのもいいかもしれません。
そして、もし訪ねたクリニックで無理な勧誘に遭った場合、治療の意思がなければきっぱりと断ることが大切です。
勧誘されるままに納得できない治療を受けても、後悔が残るだけです。
またカウンセリングが無料であっても、いざ治療を受けた後に説明のない追加料金が上乗せされているケースもあるため、カウンセリング時には詳細な見積もりを出してもらうことをおすすめします。

わきが手術で失敗することはある?それはどんな時?

再発してしまう

わきが治療の失敗の中で多いものが、わきがが再発してしまったパターンです。
再発の理由のほとんどは、手術によるアポクリン汗腺の除去方法が不十分で汗腺が再度発達してしまったというものです。
アポクリン汗腺は、完全に除去しなければ元通りの機能を取り戻してしまいます。
このような場合、治療直後よりニオイがひどくなったことで失敗と感じてしまうわけです。

汗腺を除去しきれていない

皮膚を切るわきが治療では、アポクリン汗腺を確実に取り除ける確率は高いとされていますが、それでも多くあるアポクリン汗腺を100%除去するのは難しいものです。
そのため、アポクリン汗腺の取り残しが生じる可能性があるのです。
さらに、医師の技術によっても除去率は異なり、ずさんな手術が行われた場合はアポクリン汗腺が中途半端に残ってしまうことにもなりかねません。
アポクリン汗腺が残った状態では、ニオイもあまり消えないためやはり失敗であるといえます。

傷跡や合併症が残る

わきが治療で皮膚を切った場合、傷跡が残ることは確かです。
通常であればわきのしわ部分など目立たない部分を切るため、特に気になることはありませんが、その傷の経過が思わしくないと失敗したと考えられます。
たとえば、傷跡にしこりのようなものが残ってしまったり、色素沈着を起こしてしまったりした場合などです。
いずれも、患部が正常に治癒しないために皮膚組織が変化してしまったことが原因です。
これらの合併症が残った場合は、担当医師に相談して皮膚組織の除去など適切な方法を施すことで改善が見込めます。

多汗症と併発している場合

多汗症によってたくさん汗をかくために細菌の繁殖がうながされ、わきがのニオイがよりひどくなるケースがあります。
このようにわきがと多汗症を併発している場合、アポクリン汗腺を取り除ききれていないと多汗症の症状でニオイが広がり、治っていないように感じるのです。
わきがと多汗症の両方が発生しているときは、これらを同時に治療できる方法もしくはそれぞれの治療を併用するなど、医師と相談することが求められるでしょう。

再手術する場合は

わきが治療に失敗したと思ったとき、多くのクリニックでは再手術を受けることが可能です。
再度わきが手術を行う場合は、本来の費用の半額など割引をしてくれるところもあるため、クリニックに問い合わせるといいでしょう。
合併症の治療や多汗症の治療を行う場合は、別途正規の費用がかかるため、予算を考えながら治療方法を決定してください。
また、他院で受けた治療の再手術を受け入れているクリニックもあります。
わきが治療の失敗も、解決策はいくつかあるため諦めずに医師に相談してみることをおすすめします。