手術をしないわきが治療ってどんな方法があるの?

脱毛などにも使用される医療レーザー

医療レーザーといえば、脱毛やシミ改善などに使用されるイメージがあるものです。
その医療レーザーが、わきが治療にも用いられています。
医療レーザーでのわきが治療は、汗腺組織にレーザーを照射して破壊する方法です。
ニオイの元であるアポクリン汗腺をほぼ完全に破壊するためには、個人差はありますがだいたい6~8回の施術が必要です。
痛みやダウンタイムはほぼありませんが、治療終了までに時間がかかってしまうことは否めません。

手術をしないわきが治療の代表格・ミラドライ

ミラドライといえば、外科手術をしないわきが治療として広く知られている方法です。
この方法では、皮膚の上からマイクロウェーブを照射し、汗腺にある水分に反応させて熱を発生し、その熱で汗腺を破壊する仕組みです。
表皮を冷却しながら施術を行うため、痛みや熱さはあまり感じませんが、施術後に腫れが出るケースもあります。
治療はほぼ1回で終了し、それ以降は通院の必要はありません。

最先端のわきが治療・ビューホット

ビューホットとは、微細なニードルから高周波(RF)を照射する最先端のわきが治療の方法です。
表皮を冷却しながら高周波を汗腺組織に届かせ、破壊していきます。
医療スタンプでニードルを刺すことになりますが、とても細い針ですし麻酔もかけるため、痛みはほぼありません。
また施術後にも腫れなどは出にくく、短時間の施術1回でほぼ済むのが特徴です。
ただし、効果が若干弱い面もあるため、他の施術を併用されることも多いです。

顔のたるみ治療を応用したウルセラドライ

ウルセラドライは、もともと顔のたるみ治療に使用されていた高密度焦点式超音波(HIFU)をわきが治療に応用した方法です。
超音波を汗腺組織に集中させ、熱を起こして破壊するもので、表皮への影響も少ないです。
そのためデリケートな部分への施術も可能で、わきだけではなく乳輪わきがやすそわきがの治療にも使用できることが特徴です。
その他、多汗症にも効果があるとされています。
ウルセラドライについても、ビューホットなどと併用してさらに高い効果を狙うクリニックもあります。

費用や保証について

これら、手術をしないわきが治療の方法は、いずれも保険適用外となるため費用の自己負担は大きくなります。
金額は、いずれの方法もだいたい30万円前後となっており、クリニックによって多少違いがあります。
ただし、費用の違い=技術の差というわけではありません。
また保証についても、1年間無料保証や2回目は半額など、クリニックによって内容が異なっています。
いくつかのクリニックでカウンセリングを受け、より信頼できるところで施術を受けるのがいいでしょう。

わきがが軽い人でも手術ってした方がいい?

医師に相談しましょう

一般的に軽度のわきがは鼻を近づけないと分からないくらいだと言われていますが、ニオイの感じ方は人それぞれです。
中には体臭を気にするあまり、電車やエレベーターなど密閉された空間に入るのをためらう人もいるでしょう。
そうした悩みは医師に相談するのが1番です。
軽度でも手術した方がいいと判断されることもありますし、注射で様子を見ることもあります。
また、手術が必要な場合でも保険診療で行えるものから、自由診療のものまで様々ですので、こちらも医師と相談して決めるとよいでしょう。

ボトックス注射なら気軽にできます

軽度のわきがにはボトックス注射を勧められることが多いようです。
ボトックス注射とはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の1種で、汗を分泌する汗腺の活動を抑える働きがあります。
ボトックス注射のメリットは、手術とは違うためダウンタイムがないことです。
施術時間も5分と気軽に受けられるので、軽度のわきが治療として人気があります。
ただし、ボトックス注射は汗腺を除去するものではなく、あくまで働きを抑えるだけなので定期的な治療が必要です。
効果は6カ月程度ですが、1年くらいニオイが気にならないという人もおり、個人差があります。

ニオイが気になるなら切らない治療法

わきがのニオイは自分で気にしているほど、周囲は気が付かない場合もありますし、その反対もあります。
わきがのレベルチェックで軽度と判断されても、気になる場合はマイクロ(電磁)波などを使った切らない治療法がおすすめです。
切らない治療法は体にメスを入れることがないので、ダウンタイムが短く体の負担をかけずに済むというメリットがあります。
デメリットとしては自由診療になるので治療費が高額になることです。
しかし、軽度のわきがなら1度の治療で終わることがほとんどですし、長年の悩みから解放されると思うとメリットの方が大きいと言えるでしょう。

殺菌力のある石鹸でニオイを軽減できます

軽度のわきがの場合は、殺菌力のある石鹸でわきを洗うことでニオイを抑えることもできます。
最近ではドラッグストアなどでもわきが対策の石鹸が多く販売されており、気になっている人もいるでしょう。
中でも、ミョウバン入りの石鹸がおすすめです。
ミョウバンは細菌の繁殖を抑える働きがあり、殺菌・消臭に役立ちます。
そのほかにも、柿タンニンや茶カテキンも抗菌効果があるので体臭予防に期待できるでしょう。

わきがって自力で治せるもの?

自力で根治できる方法はない

わきがの原因は、わきにあるアポクリン腺から分泌される汗です。
アポクリン腺からの汗には、たんぱく質や皮脂などの成分が含まれており、それが皮膚の常在菌によって分解され、ニオイの原因となるのです。
わきがを根治するには、このアポクリン腺を除去するしかありません。
そのためには、クリニックでわきが治療の手術を受けるのが確実でしょう。
つまり、自力でわきがを根治させることは難しいのです。
わきがは持って生まれた体質であり、親がわきがであれば高い確率で遺伝するものでもあります。
そのため、残念ながら一朝一夕で治せるものではないわけです。
ただし、生活習慣によってニオイがきつくなる可能性はあるため、その場合は適切なケアをすればニオイを軽減できるかもしれません。

効果的なケア方法

わきが治療を自分でおこなうことは難しいですが、適切なケアをおこなうことでニオイを抑えられることがあります。
たとえば、制汗剤などは汗の分泌を抑えるため比較的有効です。
ただし、スプレーやローションなどでは制汗成分が汗で流れ落ちてしまうため、あまり長時間の効果は見込めません。
そこで、より制汗成分が肌にとどまってくれるクリームタイプの制汗剤がおすすめです。
クリームなら油分が含まれており、汗をはじく効果も期待できるため、制汗成分が落ちにくいのです。
さらにクリームタイプはスキンケア成分も含有していることが多く、わきの乾燥を防いでくれます。
肌は乾燥してバリア機能を失うと、それを補完しようとして皮脂が多く分泌されます。
この皮脂がわきがのニオイの原因にもなるため、乾燥を防ぐことができれば皮脂分泌を抑え、ニオイも軽減できるというわけです。
その他、通気性のよい綿などの服を着る、生活リズムを整えて代謝を上げるといった方法も効果的でしょう。

食生活にも注意が必要

わきがのニオイは、たんぱく質や皮脂が分解されることによって発生します。
逆にいえば、たんぱく質や脂質の分泌を抑えられれば、ニオイも軽くなる可能性があるのです。
そのためには、食生活も見直してみましょう。
たんぱく質や脂質が多い肉や乳製品などは、適度な摂取にとどめておくのが無難です。
ただし、たんぱく質も脂質も体に必要な栄養素であるため、完全に断つのではなくほどほどにするのがおすすめです。
また、肌が強い酸性の状態では皮膚の常在菌が活発になり、ニオイ成分を多く生成するといわれています。
そのため、皮膚を適度な弱酸性に保つことが大切です。
わかめや梅干しなどアルカリ性の食品を摂ることを心がけてみましょう。

クリニックで切らないわきが治療もあるの?

切らないわきが治療について

わきが治療は、わきにメスを入れてアポクリン汗腺を除去する外科手術が一般的でしたが、近年ではわきを切らずに治療する方法が増えてきました。
わきを切らない治療法は皮膚を傷つけないのでダウンタイムや術後のトラブルが少ないことが特徴です。
また、治療後の腫れや痛みもほとんどなく当日の入浴も可能なのです。
そんな、患者にとってメリットの多い「切らない治療法」には、どんな種類があるか見ていきましょう。

電気凝固法

患部に電磁波を照射してわきがや多汗症の原因であるアポクリン汗腺、エクリン汗腺の機能をなくす方法です。
一度失われた汗腺は再生しませんので手術と同じく長期間の効果が期待できます。
わきがの程度にもよりますが、なんと70~80%の人が1回の照射で満足しているのです。
しかし、重度のわきがの場合は、より高い効果を出すために、3カ月以上の期間をおいて2回目の照射を行います。
また、治療の後は皮下出血や皮膚の凹凸が生じることがありますが、数週間~数カ月程度で落ち着きますので心配ありません。

高密度焦点式超音波治療法

わきの汗腺の層に焦点を合わせ高密度焦点式超音波を照射し、皮膚表面から3mm〜4.5mmの位置にあるアポクリン汗腺に熱損傷を与えることによって、わきがのニオイを抑える新しい治療法です。
高密度焦点式超音波治療法は、治療時間やダウンタイムも短いため、施術当日から日常生活をおくれることが特徴と言えます。
この高密度焦点式超音波治療法は、前立腺がんや顔面たるみ治療にも用いられ高い注目を集めているのです。
照射は1回で完治する人もいますが、個人差により2回以上必要な場合もあります。
リスクとしては、火傷や皮膚壊死などが考えられますので、経験豊富な医師の診察が必要です。

フラクショナルRF(高周波)療法

美肌治療にも使われているフラクショナルRF療法は、照射針をわきの下の皮膚を貫通させて汗腺の深さまで刺し、針先から高周波を照射する方法です。
使用する照射針、はわずか0.3mmの極細針で36本付いているので密に治療が可能。
深度は0.1mm単位で微調節ができるのが特徴で、照射針を皮下1mmの深さから0.5mm刻みで4~6段階に深度を変えながら適切な出力に調整し、エクリン腺やアポクリン腺を狙って照射します。
フラクショナルRF療法は非常に安全性の高い治療法で、術後に点状のカサブタができますが、傷が残ることはほとんどありません。
また、照射もほぼ1回で終わります。

わきがのニオイは左右で違うもの!?

わきがのニオイには左右差がある

わきの下にかく汗の量やニオイは左と右で違いがあります。
中には片方だけニオイがあるという人もいるでしょう。
しかし、自分では気づきにくいため、同じようにケアしているのに、「片方だけニオイが残るのどうしてだろう?」と不思議に思う人もいるかもしれません。
そもそも人には利き手、利き足といった左右の違いがあるように、わきにも左右差があるのです。
その違いを知っていれば、わきが治療も変わってくるのではないでしょうか?

ニオイの原因はアポクリン汗腺

人の身体には、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」というの2種類の汗腺があります。
エクリン汗腺は体温調節するために水分を出しているだけなのでサラサラしており、あまりにニオイがありません。
一方、アポクリン汗腺から分泌される汗には水分以外に脂質やアンモニアが含まれているため、それらがわきのニオイの原因になるのです。
また、たんぱく質や脂質をエサとして、雑菌が繁殖することによりわきがのニオイが強くなると言われています。
アポクリン汗腺はわきの下以外に、耳の中や後ろ、性器周辺など部分的に分布しており、その量や大きさ部位には個人差があります。

よく動かす利き腕の方がアポクリン汗腺が発達しやすい

アポクリン汗腺の数や大きさは、左と右で違うことがあります。
どちらか片方でアポクリン汗腺がより発達していれば、そちらの方がニオイのある汗をたくさん分泌するため、当然ニオイも強くなるというわけです。
では、どちらがアポクリン汗腺の数が多くなるかというと、利き手の方が多いとされています。
利き腕は反対の手に比べてたくさん動かすので、血行が良くなり筋肉やアポクリン腺が発達しやすく、わき毛の成長も早いと考えられています。
ただし、片側だけアポクリン汗腺があって、もう片側にはないということはまずあり得ないので、片方だけニオイがする場合は、わきがではないのかもしれません。

極度のストレスにより発生する精神性発汗

精神性発汗とは電車のつり革につかまっている時や、気になる人が隣にいる時など、緊張やストレス、不安を感じた時にかく汗のことです。
この精神性発汗は左側に多くあると言われており、わきのニオイに左右差がある原因のひとつと考えられます。
また、精神性発汗はアンモニアを含んでおり、ネバネバとしているためニオイが強いのが特徴です。
社会人や学生はこうした汗を無意識の間にかいている場合があるので、制汗剤などでケアをするのはもちろん、ストレスを溜めこまないよう適度に発散させることが大切です。

わきがの臭いが強くなる季節と原因

夏より冬の方がニオイが強い

夏の方が暑いからたくさん汗をかくし、ニオイも強くなりそうなイメージがありますが、実は冬の方がわきがのニオイは強くなるのです。
寒い季節は汗をあまりかかないはずなのに、わきがのニオイを強く感じて驚く人もいるでしょう。
中には慌ててデオドラント商品を買いに行く人もいるかもしれません。
では、一体どんな原因で冬にニオイが強くなるのか見ていきましょう。

冬は汗腺の働きが鈍くなる

夏は汗腺がよく働いているため水分を含んだ汗がでます。
そのミネラルは体内に再吸収されるのでサラサラしていて乾きやすく、雑菌の栄養になりにくいのです。
一方、冬は汗腺の働き低下し、ミネラルの再吸収もうまく機能しないことでベタベタした汗になります。
このベタベタした汗は乾きづらく、雑菌を繁殖させる原因になるのため、わきがの発生を高めてしまうのです。

冬は夏に比べると代謝が良くなる

意外かもしれませんが、夏より冬の方が代謝が良くなっているため、少し体を動かすだけで汗をかきやすい状態にあります。
これは寒い冬に体温を保つために備わった恒温動物の性質で、人間も同じく基礎代謝熱を発しているのです。
また、汗をかきやすくなる理由のひとつとして、室内と室外の気温差があります。
暖かい室内でも厚着のままでいると、知らぬ間に汗をかいていた、ということもあるのです。

冬は汗がこもりやすい

冬場は温かいコートやニットなど重ね着をしており、保温性が上がる代わりに通気性を無くしています。
これにより、少し走ったりしてわきに汗をかいてもすぐには乾かず、こもった汗を栄養に雑菌が繁殖しニオイが発生してしまうという仕組みが出来上がります。
また、冬は洗濯物が乾かないという理由から、毎回洗濯しない人もいるでしょう。
洗濯をしなければ、汗やニオイ、雑菌が衣服についたままになりニオイを発する原因になります。

冬はわきの処理をしない

薄着になる夏場はわきの手入れに気を遣うものですが、肌の露出が少なくなる冬場はわき毛の処理をしない人も多くいるでしょう。
しかし、わき毛を放置していると汗をかいたときに蒸れやすく、わきがのニオイを発生させる雑菌が繁殖しやすい環境を意図せず作っているのです。
冬は制汗ケアを怠ってしまいがちですが、清潔を保つためにも汗拭きシートなどでしっかりケアをするようにしましょう。

食生活の乱れでニオイが強くなる

冬場は辛い物を食べるなど食生活の乱れが多くなりやすい季節であり、基礎代謝が高まっているところに暴飲暴食が重なると、体は食べ過ぎたものを体外に出そうとするので、不純物を含んだ汗が出てニオイが強くなってしまいます。
また、肉やバター、牛乳など動物性の脂もたくさん食べ過ぎるとニオイの原因になってしまうので、注意が必要です。

ワキガは何歳くらいから症状が起こる?

子供のわきがはいつから起こるのか

わきの臭いは大人の悩みと思っている人もいるかもしれませんが、実は子供のわきがというのもあります。どのくらいの年代から悩む子供がいるかというと、小学校高学年から中学校に上がるくらいの年代から、わきが特有の臭いが気になる子供が増えてきます。子供のが臭いに気付くのではなくて、親が臭いに気付くことが多いです。基本的に体臭は自分では気付かないものです。もし自分の子供がわきがかもしれないと思ったら、親が理解をしてあげて、早急にわきがの治療をしてあげることをおすすめします。

いじめの原因にもなる

子供のわきがの症状が起こり始める小学校高学年から中学校の年代は、ちょっとしたことでいじめの原因になってしまいます。特に「臭い」というキーワードに敏感なのもこの年代の特徴です。その状況がずっと続いてしまうといじめのターゲットになってしまう可能性があります。そうなる前に早期解決、早期治療をしてあげることをおすすめします。自分の子供がいじめに巻き込まれないためにも、わきがの症状を親が真剣に受け止めてあげることが必要です。そして親子一緒に悩みを解決してあげるようにしてください。

親から遺伝をする

わきがは遺伝すると言われています。親にわきが症状がある場合、子供に遺伝することがあります。その症状が出てくるのが小学校高学年から中学校に上がる時期です。最近では小学校低学年でも症状が出てしまう事例もあります。また性別によっても特徴が異なり、女の子は初めての生理を迎えるあたりから、わきがに悩まされる子供が多いです。特に親がわきがの場合は遺伝している可能性があるということを理解する必要があります。そして臭いがすると判断したらすぐに治療をしましょう。子供でも治療してくれるクリニックはたくさんあります。まずは近所に対応をしてくれるところがあるかを調べてください。

子供に優しい治療法がある

小さい子供に切開手術をさせるのは身体への負担があると躊躇する親も多いです。これまでは本格的な手術となると広範囲を切開して汗腺を除去していました。しかし現在は最新の技術でわきがの治療を子供でも受けることができます。この治療法で数ミリの切開で臭いの原因となってる汗腺をしっかり除去します。数ミリ切開するだけなので傷跡も目立ちません。わきがを放置しておくと大人になってもずっと悩んでしまいます。だからこそ臭いが気になるようであれば、子供のときにしっかり治療をしてあげるようにしてください。

わきがを治すためにどんな手術をしている?

わきがを治すための手術・施術

わきがの原因となっているのは、主に汗腺の1つであるアポクリン腺が大きく関係していると考えられています。アポクリン腺から体液が分泌され、それが皮膚と反応するとわきが特有の匂いを発すると考えられているのです。そのため、アポクリン腺を除去すれば、あの嫌な匂いを出す原因そのものに対処が可能となります。そのため、わきが治療では手術や施術によって、それらアポクリン腺にアプローチしていくという方法がメジャーです。ただ、手術方法には保険適用のものと自由診療のものがあり、それぞれの方法によって仕上がりのクオリティも変わってきます。そこも考えてどんな手術・施術があるのかを考えていくことが必要となるでしょう。もちろん、病院やクリニックによって導入している治療方法も異なります。その他、医師によっても対応できる方法が異なってくるので注意が必要となるでしょう。

“わきがを治すためにどんな手術をしている?” の続きを読む

自由治療で治療できる方法

ミラドライ法

ミラドライ法は、わきが治療の中でも自由診療で治療できる方法として知られています。自由診療でより綺麗にわきがを治療したいという方から人気を集めている方法です。わきが治療は皮べん法などの保険適用が可能な治療方法もあります。しかし、より質の高い治療を受けたいという場合は、ミラドライ法などがおすすめです。ミラドライ法は特殊な機材を使った方法となり、マイクロウェーブと呼ばれる電磁波でアポクリン腺の働きを良くする効果があります。わきがの原因の中でも大きく影響しているアポクリン腺を抑止できるという点では、かなり効果も高いです。治療費は自己負担となるので高くなりがちですが、一生の悩みにもなるわきがをより綺麗に治療できるなら、治療する価値は十分にあると言えるかもしれません。近年は対応している病院・クリニックも多くなっていて、手術・施術を受ける方も多くなっています。

“自由治療で治療できる方法” の続きを読む

保険適用される手術方法はある?

わきが治療方法の種類

わきが治療の方法には色々な種類があります。メジャーな方法として利用されているのが、皮べん法という皮膚を切開してアポクリン腺を除去する方法です。わきがの原因の多くは アポクリン腺にあるため、それらを除去すれば根本的な原因を解決できます。当然ですが根本的な原因を排除すれば、もうわきがに悩まされるということはありません。ただ、近年は仕上がりのクオリティを考慮し、最新のミラドライ法やクワドラカット法、超音波法なども採用されているのです。ミラドライ法はマイクロウェーブという電磁波を利用した方法で、クワドラカット法は特殊な機材でアポクリン腺を除去するものとなっています。その他超音波法は文字通り皮膚を切開して、アポクリン腺を超音波の熱によって焼く方法となっています。それぞれ手術の種類が違ってくるので、しっかりと選んでいくことが必要です。

“保険適用される手術方法はある?” の続きを読む