ワキガは何歳くらいから症状が起こる?

子供のわきがはいつから起こるのか

わきの臭いは大人の悩みと思っている人もいるかもしれませんが、実は子供のわきがというのもあります。どのくらいの年代から悩む子供がいるかというと、小学校高学年から中学校に上がるくらいの年代から、わきが特有の臭いが気になる子供が増えてきます。子供のが臭いに気付くのではなくて、親が臭いに気付くことが多いです。基本的に体臭は自分では気付かないものです。もし自分の子供がわきがかもしれないと思ったら、親が理解をしてあげて、早急にわきがの治療をしてあげることをおすすめします。

いじめの原因にもなる

子供のわきがの症状が起こり始める小学校高学年から中学校の年代は、ちょっとしたことでいじめの原因になってしまいます。特に「臭い」というキーワードに敏感なのもこの年代の特徴です。その状況がずっと続いてしまうといじめのターゲットになってしまう可能性があります。そうなる前に早期解決、早期治療をしてあげることをおすすめします。自分の子供がいじめに巻き込まれないためにも、わきがの症状を親が真剣に受け止めてあげることが必要です。そして親子一緒に悩みを解決してあげるようにしてください。

親から遺伝をする

わきがは遺伝すると言われています。親にわきが症状がある場合、子供に遺伝することがあります。その症状が出てくるのが小学校高学年から中学校に上がる時期です。最近では小学校低学年でも症状が出てしまう事例もあります。また性別によっても特徴が異なり、女の子は初めての生理を迎えるあたりから、わきがに悩まされる子供が多いです。特に親がわきがの場合は遺伝している可能性があるということを理解する必要があります。そして臭いがすると判断したらすぐに治療をしましょう。子供でも治療してくれるクリニックはたくさんあります。まずは近所に対応をしてくれるところがあるかを調べてください。

子供に優しい治療法がある

小さい子供に切開手術をさせるのは身体への負担があると躊躇する親も多いです。これまでは本格的な手術となると広範囲を切開して汗腺を除去していました。しかし現在は最新の技術でわきがの治療を子供でも受けることができます。この治療法で数ミリの切開で臭いの原因となってる汗腺をしっかり除去します。数ミリ切開するだけなので傷跡も目立ちません。わきがを放置しておくと大人になってもずっと悩んでしまいます。だからこそ臭いが気になるようであれば、子供のときにしっかり治療をしてあげるようにしてください。

わきがを治すためにどんな手術をしている?

わきがを治すための手術・施術

わきがの原因となっているのは、主に汗腺の1つであるアポクリン腺が大きく関係していると考えられています。アポクリン腺から体液が分泌され、それが皮膚と反応するとわきが特有の匂いを発すると考えられているのです。そのため、アポクリン腺を除去すれば、あの嫌な匂いを出す原因そのものに対処が可能となります。そのため、わきが治療では手術や施術によって、それらアポクリン腺にアプローチしていくという方法がメジャーです。ただ、手術方法には保険適用のものと自由診療のものがあり、それぞれの方法によって仕上がりのクオリティも変わってきます。そこも考えてどんな手術・施術があるのかを考えていくことが必要となるでしょう。もちろん、病院やクリニックによって導入している治療方法も異なります。その他、医師によっても対応できる方法が異なってくるので注意が必要となるでしょう。

“わきがを治すためにどんな手術をしている?” の続きを読む

自由治療で治療できる方法

ミラドライ法

ミラドライ法は、わきが治療の中でも自由診療で治療できる方法として知られています。自由診療でより綺麗にわきがを治療したいという方から人気を集めている方法です。わきが治療は皮べん法などの保険適用が可能な治療方法もあります。しかし、より質の高い治療を受けたいという場合は、ミラドライ法などがおすすめです。ミラドライ法は特殊な機材を使った方法となり、マイクロウェーブと呼ばれる電磁波でアポクリン腺の働きを良くする効果があります。わきがの原因の中でも大きく影響しているアポクリン腺を抑止できるという点では、かなり効果も高いです。治療費は自己負担となるので高くなりがちですが、一生の悩みにもなるわきがをより綺麗に治療できるなら、治療する価値は十分にあると言えるかもしれません。近年は対応している病院・クリニックも多くなっていて、手術・施術を受ける方も多くなっています。

“自由治療で治療できる方法” の続きを読む

保険適用される手術方法はある?

わきが治療方法の種類

わきが治療の方法には色々な種類があります。メジャーな方法として利用されているのが、皮べん法という皮膚を切開してアポクリン腺を除去する方法です。わきがの原因の多くは アポクリン腺にあるため、それらを除去すれば根本的な原因を解決できます。当然ですが根本的な原因を排除すれば、もうわきがに悩まされるということはありません。ただ、近年は仕上がりのクオリティを考慮し、最新のミラドライ法やクワドラカット法、超音波法なども採用されているのです。ミラドライ法はマイクロウェーブという電磁波を利用した方法で、クワドラカット法は特殊な機材でアポクリン腺を除去するものとなっています。その他超音波法は文字通り皮膚を切開して、アポクリン腺を超音波の熱によって焼く方法となっています。それぞれ手術の種類が違ってくるので、しっかりと選んでいくことが必要です。

“保険適用される手術方法はある?” の続きを読む