最短でできるわきが治療法はどれ?

注射による治療がおすすめ

わきが治療を受けるにあたって、できるだけ時間をかけずに治したいと思っている人もいるでしょう。
その場合におすすめなのが、注射による治療です。
注射であれば、両わきで10分くらいで完了します。
わきがでわきの下の臭いが気になるのは、アポクリン腺から分泌される汗が原因です。
発汗を抑制する効果のある製剤を注入することで、臭いを気にならなくする手法です。
ただしわきがの原因であるアポクリン腺はそのまま残されるので、いずれまた臭ってくるようになります。
効果の持続期間は個人差がありますが、4~6か月が相場です。
つまりこのサイクルで繰り返し注射を打たなければなりません。

超音波治療なら半永久的な効果も

もし短時間で治療を終わらせたいけれども、頻繁にクリニックに通院したくなければ、超音波を使った治療を検討しましょう。
患部に超音波を当てることで、アポクリン腺を破壊する治療法です。
わきがの大元のアポクリン腺を破壊するので、臭いも気になりません。
またアポクリン腺は1回破壊すると再生することはありません。
つまり半永久的にその効果が持続します。
このような超音波を使った治療もメスを使うわけではないので、短時間で施術は完了します。
だいたい両わき20分もあれば、治療は完了するでしょう。
中にはもう1回治療を受けないといけない場合もありますが、多くの人は1回の施術だけでも効果を実感できます。

すぐに復帰できる

超音波を使った治療の場合、メスを一切使用しません。
ですからいわゆるダウンタイムがほとんど必要ないのもおすすめポイントです。
施術翌日には、ほとんどいつもの日常生活に復帰できます。
シャワーを浴びることも翌日には可能です。
もちろん入院の必要もありません。
仕事終わりに施術を受けても、翌日欠勤することなく仕事ができます。
ただし回復度合いには個人差があります。
中には3日くらい元に戻るまでに時間がかかる人もいます。

手術は時間がかかるもの?

わきが治療には手術もあります。
アポクリン腺を除去しますので、こちらも半永久的に効果が持続します。
手術をした場合、上で紹介した短時間で完了するアプローチよりも多少時間はかかります。
しかし長くても1時間程度です。
早ければ20分くらいで手術が完了するケースもあります。
しかし元の生活に復帰するまでに時間がかかります。
患部への圧迫固定を1週間程度行わないといけないと思ってください。

わきが治療は痛い方が効果があるって本当…?

わきが治療に痛みは不可欠?

わきが治療を受けるにあたって痛みがないか不安という人もいるでしょう。
しかしわきが治療と痛みについて、最近では相関関係がかなりなくなりつつあるといわれています。
わきが治療の中でも高い効果が期待できるのは手術です。
わきがの原因のアポクリン腺を切除するので、抜本的な治療が可能です。
しかし手術は痛そうというイメージを持つ人もいるでしょう。
ただ手術をする前には麻酔をかけるので痛みを感じることはまずないです。
麻酔注射するときにチクッとした痛みはあるかもしれません。
しかし我慢できない痛みではないです。
このようにわきが専門のクリニックでは患者さんが痛みを極力感じない治療を標榜しています。

切らなくても高い効果のあるわきが治療

わきが治療は今でもどんどん進化しています。
現在では、メスを入れることなく高く効果の期待できる治療法や医療機器も登場しています。
例えば針をわきの下に注入して、アポクリン汗腺を熱の力で破壊するような機械も登場しているほどです。
針をわきの下に注入するといわれると、いかにも痛そうというイメージがあるでしょう。
しかし極細の針を使っているので、強い痛みは伴いません。
また痛みに敏感な患者さんのために麻酔を使った施術にも対応しています。
ですからほとんど痛みを感じることなく施術が受けられたという口コミ意見もしばしば見られます。

超音波を使った治療がおすすめ

わきが治療の中でも極力痛みが少なく高い効果の期待できる方法がいいと思っているのであれば、超音波を使った治療を検討してみるといいでしょう。
高密度の超音波を発する機会を使って、アポクリン腺を破壊して治療する手法です。
この方法の場合、痛みはほぼ感じずに済むでしょう。
痛みがあったとしても我慢できないレベルではまずないはずです。
高い効果の期待できる治療法で、1~2回の施術でわきの下の臭いが気にならないレベルまでもっていくことも可能です。
照射した箇所の皮膚が赤みがかることもありますが、大体1~3日も経過すれば気にならないレベルにまで回復するでしょう。

全身麻酔で対処する場合も

痛みへの感覚は個人差があります。
痛みに対して過敏な人も中にはいるでしょう。
その場合、麻酔の注射だけでも痛くて嫌という人もいるかもしれません。
そのような人のために笑気ガスや外用の麻酔で痛みを鈍麻させてから注射する方法が用意されています。
どの方法でもダメであれば、全身麻酔で眠らせて手術を行う方法もあるので医者に相談してみるといいでしょう。

わきが治療と多汗症治療を同時にできる手術方法はある?

剪除法などでは同時治療の可能性が高い

わきが治療の中で、メスを使い皮膚を切る皮べん法やクワドラカット法、また超音波法などは、皮膚を直接目視する、また汗腺組織に器具を挿入する方法で汗腺を除去するものです。
これらの方法の場合、わきがの原因となるアポクリン汗腺はもちろんのこと、多汗症の原因であるエクリン汗腺も同時に除去でき、わきがと多汗症を同時に治療することが可能とされています。
手術もわきが治療と多汗症治療を一度に行えるため、負担も比較的少ないでしょう。
わきがは多汗症と併発して症状がひどくなっているケースも多く、メスを使って皮膚を切る治療方法は有効であるといえます。
しかし、エクリン汗腺の分布範囲は広く、これらの方法では除去しきれないこともあることから、多汗症を完全に改善できるとは限りません。

切らない治療などでも効果が期待できる

一方、切らないわきが治療としてミラドライやウルセラドライといった方法でも、わきがと多汗症を同時に治療できる効果が期待できるとされています。
これらの方法は、マイクロ波や高密度超音波、高周波が水分に反応して熱で汗腺の働きを抑制するものです。
そのため、アポクリン汗腺を破壊するだけではなくエクリン汗腺にも働きかけることができるのです。
また、エクリン汗腺は分布の範囲が広いですが、これらの切らないわきが治療は点ではなく面で照射するため、広い範囲にも適用できます。
この点も、多汗症治療に向いているとされる理由の1つでしょう。

ボトックス注射はわきが治療には向かない

一方、多汗症治療を比較的手軽にできるボトックス注射は、神経や筋肉の動きを制限することでエクリン汗腺の働きを抑えることができる治療方法です。
この原理であれば、アポクリン汗腺も抑制が期待できるといわれることもありますが、実際にはわきがにはあまり効果が見られにくいです。
また、ボトックス注射の効果はあくまで一時的なもので、数ヵ月ごとに治療を受けなければならないこともあり、わきがと多汗症の同時治療には向かないといえます。
ただし、多汗症がわきがのニオイをより拡散させてしまい、症状を悪化させているケースも多いため、多汗症を治療すればわきがのニオイが多少抑えられることはあるかもしれません。

最適な治療方法は医師と相談

わきが治療と多汗症治療を同時に行う方法に関しては、クリニックで医師に相談するのが一番です。
人によっては、多汗症を治療すればわきがの症状が軽くなる場合や、両方治療するのが最適となる場合などそれぞれです。
どのような治療を選択するか、また複数の治療方法を組み合わせるかなど、医師とカウンセリングをしっかり行って、自分に合った方法を提案してもらうようにしましょう。

子供のわきが治療で行われている方法

わきがの原因となるアポクリン腺は思春期から発達

わきがの匂いは、アポクリン腺から分泌される汗が原因ですが、このアポクリン腺は思春期の頃に発達し始めます。
このとき、子供の体は第二次性徴を迎え、性ホルモンの分泌が増えてくるのです。
一般的には、わきがの匂いが目立つようになるのはわき毛が生えてくる少し前とされています。
こうした体の変化と同時にわきがになる場合、両親からの遺伝であるケースが多いです。

多感な時期だからこそ治療を受けさせたい

思春期になると、子供の心はとても多感になり周囲の目も気になり始めます。
そのため、わきがになった子供自身が匂いを気にしたり、匂いによって周囲からからかわれたりといったことも起こりえるのです。
また子供の体は未発達で、わきが治療を受けたときの痛みも大きな負担となることがあります。
その痛みや傷などによって、日常生活に制限が出たり体育の授業に出られなかったりなどといった支障も、できるだけ避けたいものです。
こうした多感な時期だからこそ、適切な治療を受けさせたいというのが親心でしょう。

痛みが少なく生活にも支障が出ない治療方法

では、子供の体に負担をかけないよう痛みやダウンタイムが少なく、生活に支障を与えない治療方法はあるでしょうか。
近年では、皮膚を切らずに電磁波を照射するミラドライ、高周波を照射するビューホットなどの方法が、子供のわきが治療に用いられています。

これらの方法であれば痛みは少なく、子供への負担も軽減できます。
またダウンタイムも短いことから、生活に支障が出ることもないでしょう。
そのため、わきが治療をしたことを周囲に知られる心配もなく、安心して治療を受けさせることができます。

早い段階で治療をしても成長により再発する

子供のわきが治療で注意したいことは、あまり早い段階から治療を受けさせても再発する可能性が高いことです。
子供の体は日々成長しており、第二次性徴が始まってからはアポクリン腺も発達し続けています。
そのため、早くからアポクリン腺を破壊しても、新しいアポクリン腺が育ってしまうのです。

もし、子供がわきがかもしれないと思っても、高校生になるくらいまで待った方がいいケースも多いです。
それまでは、制汗スプレーやミョウバン水などの塗布で汗を抑えて様子を見る方法もあります。

子供のための治療をうたっている病院を選ぶ

病院によっては、子供のための治療方法やプランを用意しているところがあります。
子供にわきが治療を受けさせるなら、子供向けの治療をうたっている病院を選ぶのがいいでしょう。
このような病院なら、痛みやダウンタイムへの配慮など、未発達で多感な子供のことを第一に考えてくれます。

メスを使うわきが治療と使わない治療のどっちがいい?

わきが治療で何を重視するか

皮膚をメスで切るわきが治療と、切らないわきが治療のどちらを選ぶかは、自分がわきが治療で何を重視するかによります。
たとえば、重度のわきがでとにかくアポクリン汗腺をきれいに取り除きたい、できるだけ体への負担を減らしたい、忙しいスケジュールでも受けられる方法がいいなどです。
それぞれの希望によって適切なわきが治療が存在し、自分に合った方法を選ぶのが一番なのです。
そのため、メスを使う方法と使わない方法のどちらがいいかは、一概には言い切れないでしょう。

確実にわきがを完治させたいなら

わきがの症状がひどい、またとにかく確実にわきがを完治させたいという人は、やはりメスを使ってアポクリン汗腺を除去する方法が向いています。
皮べん法やクワドラカット法などいくつかの方法がありますが、いずれもアポクリン汗腺そのものをなくす方法であるため、効果は高いです。

また皮べん法やクワドラカット法なら、傷口に関しても数mm~数cm程度で済み、ワキのしわに沿って切開することから、目立ちにくく安心です。
ただし、外科手術であることから痛みや腫れが生じるリスクも高く、傷が治るまでのダウンタイムも長いため、スケジュールに余裕がある場合におすすめな方法です。

少しでも体への負担を減らしたいなら

わきが治療の方法の中で、痛みや傷ができるだけ少ない方が体への負担が少ないことは明白です。
上記にあげた外科手術では、どうしても痛みや傷のリスクがありますが、メスを使わないわきが治療の方法ならそれらのリスクはほぼ心配ありません。
医療レーザーやミラドライ、ウルセラドライやビューホットなど、メスを使わない方法はいろいろあります。
皮膚の上から汗腺組織に働きかける仕組みであり、ダウンタイムはほぼなく翌日から普段通りの生活を送ることもできるのです。

しかし、メスを使わない方法ではアポクリン汗腺を直接除去するのではなく、外側から汗腺を破壊する方法であるため、切開する方法より確実性は多少劣ります。
比較的わきがの症状が軽い人、とりあえずニオイが軽減できればいいという人に向いている治療方法です。

費用についてもチェックしよう

わきが治療で気になるポイントの1つが、費用ではないでしょうか。
わきが治療では、保険適用のものと適用外のものがあり、自己負担額が大幅に変わります。
保険適用となるのは、メスを使う手術の中でも皮膚切除法や皮べん法です。
クワドラカット法およびメスを使わない方法は、すべて保険適用を受けることができないのです。

わきが治療で保険適用外の方法では、自己負担額は数十万単位となってしまいますが、ダウンタイムの少なさや通院回数の少なさなどメリットはあります。
効果を取るか負担の少なさを取るか安さを取るかで、わきが治療の方法の選び方は変わってくるでしょう。

わきがを絶対直したい人必見の治療方法

確実性を狙うなら再発率の低い「皮べん法」

わきがの原因はいくつか考えられますが、その1つにアポクリン汗腺が挙げられます。
私たちの体は体温調節をするために汗をかきますが、アポクリン汗腺から分泌する脂肪酸とわきに常在する細菌が混ざることで独特なニオイを発生させるのです。
そのため、わきが治療はニオイの元を絶つことが大切と言えます。
皮べん法はわきを3~5㎝ほど切開してアポクリン汗腺を除去する手術法で、医師が直接目で確認しながら行うため確実性が高いと報告されています。
また、わきが治療の中でも再発率が低いことから、わきがを絶対に治したい人に有効な治療法だと言えるでしょう。

メスを入れるのに抵抗がある人は「フラクショナルRF法」

わきがを絶対に治したいけど、体にメスを入れるのに抵抗があるという人は、特殊な機器で照射してアポクリン汗腺を焼去する治療法がおすすめです。
その中でも、フラクショナルRF(高周波)法は、わきの皮膚の深いところまで照射し、ピンポイントでアポクリン汗腺を破壊できることから高い効果が期待できます。
また、わきがだけではなく多汗症や、すそわきがの治療も可能。
広い範囲でアポクリン汗腺を焼去できるため、治療を受けたほとんどの人が「ニオイが気にならなくなった」と答えおり、1回の治療で満足しています。

アポクリン汗腺を完全に除去するのは難しい

わきが治療において、アポクリン汗腺を完全に除去するのは難しいと言えます。
なぜなら、アポクリン汗腺はわきの下だけではなく、乳輪部や陰部、ソケイ部などにも存在しているからです。
それゆえ、十分にわきが治療を行ったとしても「まだニオイがする気がする」と感じることもあるでしょう。
また、10代で治療を受けた場合、成長の過程でアポクリン汗腺が自己再生することも考えられます。
こうしたケースを防ぐためには、医師のカウンセリングを受けるのが大事です。
自分のわきがはどのようなタイプで、どこにニオイの原因があるのかをしっかり見極めることで、完治へ近づけるでしょう。

食生活を見直すのも大事です

わきがは遺伝によるものと考えられていますが、生活習慣も大きく関係しています。
そのため、規則正しい生活を心掛けることやバランスのいい食事を取ることも大事。
肉類や乳製品などの酸性の食事は、アポクリン汗腺の働きを活発にすると言われているので控えましょう。
反対に、梅干しやめかぶなどアルカリ性の食べものは酸性の食べ物を中和するので、積極的に摂ってください。

わきがが重い人におすすめの治療方法は?

わきががの重い人の特徴とは

わきがが重いと感じる人は、まずはその特徴を知る必要があります。
日本人の約10~15%はわきがだと言われており、その臭いの強さは人それぞれです。
クリニックなどで行われるレベルチェック(ガーゼチェック)では、鼻を近づけると臭いがする「軽度」、少し離れたところで臭いがする「中程度」、離れた場所でも臭いがする「重度」と判断されます。
また、わきがになりやすい人の特徴としては、アポクリン汗腺の数や活動量の多さ、大きさなどが挙げられており、重度になるほどその特徴が強くなると考えられているのです。
ほかにも、毛穴が多い人は臭いの元となる汗の量が増えるため、わきがが強くなる傾向にあります。

わきがが重い人には外科手術がおすすめです

わきがの臭いを強くする原因の1つに、アポクリン汗腺の多さや大きさがあります。
皮べん法や剪除法など外科手術は医師が目視でアポクリン汗腺を除去するため確実性が高く、わきがが重い人におすすめです。
そのほかにも、わきの下を4~5ミリほど切開して特殊な器具を差し込み、アポクリン汗腺を吸い取るクワドラカット法もよいでしょう。
こちらは医師の経験と技術によって効果が左右されますが、皮べん法と同じく臭いの元となる汗腺が無くなるので、重度のわきがの人に向いています。

切らない治療法も高い効果が期待できます

外科手術による治療法は確実性が高い反面、ダウンタイムの長さや傷跡が残るというデメリットもあります。
そこで注目されているのが、マイクロ(電磁)波などを使ってアポクリン汗腺を焼去する「切らない治療法」です。
近年では、マイクロ(電磁)波のほかにも様ざまな方法でアポクリン汗腺にアプローチできる治療法が増えており、中でも「超音波療法」や「高周波療法」は、わきが治療と多汗症治療の両方ができます。
汗の量が減れば必然的に臭いも抑えることができるため、重度のわきが治療に期待できるでしょう。

わきが対策によって、レベルを下げることが可能です

わきがの原因とされるアポクリン汗腺ですが、実はこの汗腺自体は無臭だと聞きます。
ではなぜ臭いがするかというと、アポクリン汗腺から汗と一緒に分泌される皮脂や老廃物をエサにして皮膚に存在している細菌が増えるからです。
この細菌が分解されることによってわきが独特の臭いを発生させています。
つまり、わきに常在している細菌を減らすことでわきがの臭いを軽減できるというわけです。
最新のデオドラント商品には、汗を抑える制汗作用や殺菌力が優れているものが揃っているので、わきがの重い人は対策に取り入れてください。

注射でわきがが治る?!詳細情報をチェック

注射でできるわきが治療

注射によってわきが治療をおこなう方法とは、ボトックス注射と呼ばれるものです。
これは、ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質・ボツリヌストキシンを精製した製剤を患部に注射するもので、ボツリヌス療法ともいわれます。
ボツリヌス菌は毒性の強い菌として知られていますが、精製されたボツリヌストキシンからは毒性は除去されているため、安心です。
この成分は、アポクリン腺およびエクリン腺の働きを支える筋肉の動きを抑制します。
その結果、汗が出にくくなりニオイを防止できるという仕組みです。
大きなメリットは施術時間が短時間で済むことで、かかる時間は10分程度です。
ただし、アポクリン腺を根絶する治療法ではないため、効果が持続するのは半年~10ヵ月程度です。
そのころに、再度施術を受ける必要がありますが、施術当日からほぼ日常と変わらない生活ができることも利点です。

多汗症の治療だがわきがにも効果あり

ボトックス注射は、もともと汗を大量にかく多汗症の治療として用いられているものです。
わきから分泌される汗は、アポクリン腺とエクリン腺の2つで構成されています。
多汗症は、主にエクリン汗腺からの異常な発汗がある症状です。
しかし、ボツリヌストキシンはアセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質を阻害し、筋肉の動きを抑制できることから、エクリン腺だけではなくアポクリン腺からの発汗も抑制できると考えられています。
そのため、わきがのニオイの原因であるアポクリン腺からの発汗を抑えることで、ニオイも軽減されるというわけです。
そして、日常生活に支障が出るほどの多汗症およびわきがであれば保険適用ができますが、状態によっては保険適用外となるケースもあります。
この点については、クリニックの医師と相談してみてください。

治療後に注意すること

では、ボトックス注射を受けた後に注意することを紹介します。
施術時間も短くダウンタイムも非常に少ないため、施術後からほぼ問題なく日常生活が送れます。
ただし、施術当日に激しい運動やアルコール摂取など、血行を促進させる行為はおこなわないようにしてください。
また、マッサージや強い摩擦なども避けるようにします。
その他、妊娠中は安全性について担保されていないことから、やはり施術を避けるのが得策です。
さらに、施術後も月経を2回経るまでは妊娠しないように心がけてください。
ちなみにまれに出る副作用として、患部の炎症やかゆみなどが考えられるため、症状が出たらすぐに医師に相談しましょう。

クワドラカット法のメリット・デメリット

傷跡が小さく目立たない

クワドラカット法は切開する箇所を最小限に抑えるために、術後も数ミリ程度の傷跡しか残らないので、切開した跡が他の手術の治療法よりも目立ちません。わきがの手術には皮べん法が知られていますが、切開する箇所が大きく術後も傷跡が残ってしまうこともありました。クワドラカット法は身体への負担も最小限に抑えることができるので、大人だけでなく子供のわきがの治療法にも適しているとして注目されています。様々なわきが治療がある中で、クワドラカット法は最新の治療法でとても安全だと言われています。そして再発しないというのも大きなメリットです。

治療の効率が良い

クワドラカット法は皮べん法と比べると手術をするときに効率良くアポクリン汗腺を除去することができるメリットがあります。わきの下を数ミリ切開し、管を挿入し汗腺を切除するので、身体への負担を減らすこともできます。従来のわきがの手術を伴う治療法と比べると、管の移動するだけでアポクリン汗腺をしっかり除去することができる特徴が大きいです。そのため脇の下の広範囲で手術をすることが可能です。クワドラカット法で効率よく汗腺を切除することができるので、手術をする時間を短縮することができます。

費用が高い

効率良く身体への負担を減らし手術を受けることができるクワドラカット法の唯一の欠点が、治療費が高いということです。治療ができるクリニックによって料金は異なりますが、自由診療になるために、全額自己負担になります。数十万円の治療費を請求されます。一括で支払うのも簡単な金額ではありません。通院することも考えて、どのクリニックが費用をできる限り安く抑えることができるかを確認してください。クリニックの公式サイトなどに料金が記載されています。それらを見てクワドラカット法の費用を比較してみることをおすすめします。

通院しなければいけない煩わしさ

従来の手術よりもメリットが多いクワドラカット法ですが、治療が完了したらそれで終わりではありません。基本的には自宅にて自分自身で消毒をしなければいけませんし、術後の症状の経過が良好か確認するために何度か病院に通わなければいけません。特に仕事が忙しくてなかなか通院できないという人にとってデメリットだと感じるかもしれません。そのために自分の時間を確保することを考えておかなければいけません。そして確実に通院できる日を確保して、病院に予約を入れるようにしてください。

ミラドライ方のメリット・デメリット

ミラドライ法のメリット

ミラドライ法はわきの下を切開することなく、専用の治療をするための専用の治療器具になります。
多くの人が手術をすることに抵抗を感じています。
入院しなければいけないし、術後も出血しないために1週間ガーゼで圧迫をして安静にしていなければいけません。
この煩わしさがないのがミラドライ法の最大のメリットになります。
身体への負担を最小限に抑えることができます。
そして術後は早期に普通の生活に戻ることができるのも、ミラドライ法のメリットだと感じている人が多いです。
このメリットがあるので、多くの人が治療をする際に導入しています。

施術後のメリット

ミラドライ法は切開しない治療法なので、術後も早期に社会復帰できて、当たり前のように生活をすることができます。
マイクロ波のエネルギーを使って汗腺をピンポイントで破壊することができます。
わきがの治療は手術療法と非手術療法があります。
ミラドライ法は手術をしませんし、術後も汗腺が再生しないので、施術後も長期間高い効果を実感することができるメリットがあります。
もう二度とわきがの嫌な臭いに悩まされたくないと思っている人にとって、ミラドライ法は他のレーザー治療や注射よりも術後の高い効果を自分自身で体感することができます。

ミラドライ法のデメリット

手術なしで効果を実感することができるミラドライ法のメリットは、保険適用外の治療法だということです。
わきがの治療では本格的に切開をして手術をする保険が適用される治療法もあります。
しかし多くの人が切開することに抵抗があり、手軽に短期間で症状が改善できるミラドライ法を受けたいと思うのは当然のことです。
しかし高額の治療費になってしまうことにデメリットを感じている人が多いです。
しかし治療費に余裕があれば、無理に手術をせずにミラドライ法を受けることで身体への負担も軽減させることができます。

重度の症状は改善できない

わきがは症状がひどいとミラドライ法では改善することが難しいです。
他人にも迷惑をかけてしまうような強い臭いで悩んでいる場合は、皮べん法の手術で本格的にわきの下を切開して治療したほうが改善する可能性が高まります。
多汗症や臭いがきつい人はミラドライ法をおすすめされない可能性があります。
自分の症状を理解することで、違う治療法の選択をしなければいけない可能性があります。
症状によっては手術を伴う皮べん法でしっかりと汗腺を切除する治療を選択することをおすすめします。