保険適用される手術方法はある?

わきが治療方法の種類

わきが治療の方法には色々な種類があります。メジャーな方法として利用されているのが、皮べん法という皮膚を切開してアポクリン腺を除去する方法です。わきがの原因の多くは アポクリン腺にあるため、それらを除去すれば根本的な原因を解決できます。当然ですが根本的な原因を排除すれば、もうわきがに悩まされるということはありません。ただ、近年は仕上がりのクオリティを考慮し、最新のミラドライ法やクワドラカット法、超音波法なども採用されているのです。ミラドライ法はマイクロウェーブという電磁波を利用した方法で、クワドラカット法は特殊な機材でアポクリン腺を除去するものとなっています。その他超音波法は文字通り皮膚を切開して、アポクリン腺を超音波の熱によって焼く方法となっています。それぞれ手術の種類が違ってくるので、しっかりと選んでいくことが必要です。

保険適用される治療方法

わきがの治療に関しては、どのような手術も施術も基本的には自由診療となります。自費負担となることが多いので、特に最先端の治療を考えている方は治療費も高くなることを覚悟しなくてはなりません。ただ、多くの方法がある中で、皮べん法は保険適用となることが多くなっています。病院やクリニックによっても違ってくるのですが、皮べん法の場合は皮膚を切除してアポクリン腺を除去するものであり、特殊な機材などを使うことも少ないため保険が適用されるのです。保険適用の条件はさまざまですが、他のミラドライ法やクワドラカット法、超音波法は原則として保険適用外となります。詰まり、それらの最新鋭の治療を受けたい方は、自由診療で受けることになるのです。そこも医師と相談して考えていくことが必要となるのではないでしょうか。

保険適用のメリットとデメリット

保険適用の場合は、患者の方の治療費負担が軽減されます。日本の医療費制度では、患者の負担を軽減するために、保険による適用が認められてる治療方法も多々あります。わきがは基本的に生命を脅かすものではないため、病気として認定されているわけではありません。具体的な認定基準もないため、基本的には自由診療となるのです。ただ、保険適用できる場合はメリットも多いです。メリットとしては、やはり治療費が抑えられるという点にあります。治療費の負担は3割程度となるため、どんなに治療費が高くなっても負担自体は少なくできます。ただ、デメリットとしてはクオリティが他の最先端治療方法に比べて低いという点があるのです。ここは何を重視するかによっても変わってきますが、メリットとデメリットをしっかりと考えて対処していくことが必要となります。主に皮べん法が保険適用となるので、それも合わせて医師に相談してみてください。

自由診療のメリットとデメリット

自由診療の場合は、基本的に治療費がすべて自己負担となるので、負担自体がかなり大きくなるという点がデメリットとなります。ただ、手術や施術もこだわることができ、仕上がりの質も高くなるのです。そういう点では、自由診療も一長一短と言えるでしょう。もちろん、魅力自体はとても大きい治療方法もあるので、そちらも合わせてどのような方法を利用していくか考えていくことがおすすめです。なお、自由診療はミラドライ法やクワドラカット法、超音波法などが含まれます。提供している治療に関しては病院やクリニックによっても違ってくるので、しっかりと相談して決めていきましょう。

わきがを病気を判断するかどうかの指標

わきがに関しては病気と認定されれば、より今後は保険適用の可能性も高くなります。しかし、現状ではわきがは病気と判断されないことも多いです。人によっては人生を左右するほど大きなコンプレックスにも関わらず、命に関わる問題ではないこともあって保険適用できないことも多くなっています。それらの点も含めて、今後どうなっていくか注目しておきたいところです。

わきが治療でお悩みならこちら